ナビゲーションを読み飛ばす

長崎県議会インターネット中継

※検索結果一覧

  • 改革21
    吉村 庄二
  • 平成30年9月定例会
  • 9月14日
  • 一般質問
1.公立小中学校の児童生徒の教育環境整備について
(1)児童生徒の健康対策のエアコン設置について
(2)洋式トイレの設置について
(3)ブロック塀の耐震性と対策について
2.特別養護老人ホームなどの入所待機者について
(1)特養ホームへの入所・待機者の状況と施設整備の実績について
(2)今後の対策について
3.子育て問題のうち保育事業について
(1)保育所入所待機者の現状と課題について
4.障害者雇用の水増し問題について
(1)自治体での水増し問題の原因は何か
(2)その解決策と民間企業対策は
5.米軍横瀬基地のLCAC夜間航行訓練問題について
(1)九州防衛局と地元市との協定は守られるべきと考えるが県としての対応は
(2)国は米側に夜間航行訓練を行わないよう申入れを行っていないのではないか
再生する
  • 平成30年3月定例会
  • 3月14日
  • 一般質問
1.中村知事三選での政治姿勢について
(1)人に生きがいを、産業に活力を、暮らしに潤いを
(2)県政重要課題のうち、次の課題にどうとりくむのか
2.国の新年度地方財政計画と長崎県財政について
(1)地方交付税と臨時財政対策債等について
(2)県単独事業について
(3)税収確保について
3.県知事選挙(2018.2.4投票)の過去最低投票率について
(1)「県政」と「有権者の意識」とのずれ(かい離)について
4.核兵器をめぐる問題についての、県の平和行政のあり方について
(1)先般の国連での核兵器禁止条約採択について
(2)アメリカ、ロシアの最近の核政策の強化表明と、県の平和行政について
5.玄海原子力発電所の3、4号機再稼動について
(1)玄海原発・UPZ(原子力発電所から30km)圏内自治体の県内3自治体の再稼動反対の意志表明について
再生する
  • 平成29年予算決算委員会
  • 10月23日
  • 予算決算委員会
1.一般財源の確保について
(1)地方交付税について
2.県単独事業費用について
(1)建設事業における単独事業費について
(2)その他の福祉施策等の単独事業費について
(3)毎年の予算編成方針におけるマイナスシーリング方針について
再生する
  • 平成29年9月定例会
  • 9月19日
  • 一般質問
1.中村県政2期7年半の時期にあたって
(1)中村知事自身の評価について
(2)県政全体の中で、当面の重要課題は何だと知事は認識しておられるか
2.当面の県政課題について、どう取り組むのか
(1)人口減対策・特に若者定着への取り組み
(2)医療・介護・子育て部門での人材確保対策をどうするのか
(3)危機管理防災対策、特に国民保護訓練・原子力防災訓練について
(4)特に、県営石木ダム建設問題について
3.知事自身の県政課題解決等へ取り組む意欲について
(1)知事が当面の重要課題に取り組むにあたって全力投入すべき責任について
(2)課題達成や解決へは、まだまだ期間が必要、今後へ向けた知事の決意は
(3)今後の政治姿勢について、県民党の立場、これまでの公約「人が輝く、産業が輝く、地域が輝く」は引き続く公約とするか
再生する
  • 平成28年11月定例会
  • 12月8日
  • 予算決算委員会
1.保育人材確保対策について
(1)人員不足の現状について
(2)今回の補正予算案で、貸付事業拡大での成果目標はどうなっているのか
(3)前述の現状認識から人材確保で残された課題の解決へ向けた対策はどうするのか
2.社会福祉施設の防犯対策について
(1)障害者入所施設及び児童福祉施設関係の県内全体数と今回対象施設数との関係はどうなっているのか
(2)今回の対象以外の「対象となるべきもの」の対策をどうするのか
(3)その他、介護・老人関係施設(入所)の防犯対策はどうするのか
再生する
  • 平成28年9月定例会
  • 9月15日
  • 一般質問
1.佐世保市の防災訓練における米軍ヘリ「オスプレイ」の参加について
(1)佐世保市の防災訓練へのオスプレイの参加の意味についての県知事の受け止め方、安全性とその必要性は?
(2)同市原子力艦艇防災訓練への米軍参加がないこととの矛盾について
(3)要するに、佐世保での訓練参加は、日米の軍事一体化をPRする目的ではないか
2.医療・介護部門での人材確保について
(1)特に離島などでの看護師不足問題について、その確保をどうするのか
(2)介護労働者の離職状況とその確保を含む対策について
(3)いずれも県民の命にかかること、抜本的対策を講ずるべき
3.県内自治体職場における非正規労働者の現状と問題について
(1)自治体職場での非正規労働者は年々増加しており、今のまま放置すると住民サービスの低下となると思うが、現状をどう捉えているか。地公法上の問題なしとは思えないがどうか。
4.当面する県政課題について
(1)国営諫早湾干拓潮受け堤防開門調査問題について
(2)県営石木ダム建設問題について
再生する
  • 平成28年2月定例会
  • 3月4日
  • 予算決算委員会
1.県の新年度予算における県債残高等の状況について
(1)県債残高の動向について
(2)財源調整3基金取り崩し及び積立てについて
2.国の新年度地方財政計画と本県予算編成について
(1)地方交付税の動向について
(2)臨時財政対策債の動向について
再生する
戻る